3つのステップ
結婚していない未婚の40代の女性は、自由なお金と時間があり、一般的にはおひとりさまと言われています。


今まで必死で婚活してきた人も、なんとなく結婚しないでここまで来てしまった人もいますが、40代の女性が結婚するためには何が必要なのでしょうか。


それはこの3つです。

  1. 謙虚な気持ちを持つこと。
  2. 結婚相手の条件を見極めること。
  3. 自分の結婚市場価値を自覚すること。

順に見ていきましょう。


1.謙虚な気持ちを持つこと。


40代の女性は仕事で役職に就く人もいますよね。キャリアを積んで、給料も増えていく人も多いです。


部下も増えて、外食する機会も増えていきます。生活費だけでなく、交遊費や趣味のためにたくさんのお金を使う人もいます。


さて、そんな40代女性は男性と話しているとき、どんな会話をしているのでしょうか。


仕事が好きで男勝りの性格になってしまう人もいますが、男性は女性に謙虚な気持ちを求めています。


二人で足を運んだデート先や食事先がたとえ行ったことがある場所でも、それを自慢したり強調する必要はありません。わざわざ嫌われてしまうような発言をする必要はありません。


張り合ったり自慢すると男性は不快な気持ちになりますので、謙虚な気持ちを持つようにします。


結婚相手の条件を見極めること。


いつか誰かと結婚できるかもしれない。まだ運命の相手と出会っていないだけ。


そう希望を持たれている40代女性も多いです。しかしながら、今のままでは結婚できる可能性は低いです。


仮に「良いな~。」と思う男性がいても、20代女性に取られてしまう事を念頭に置いた方が良いです。


そこで、こう考えてください。結婚にかっこよさは必要ないと。


例えば身長。180センチも無くてもいいですよね。絶対高身長じゃなきゃダメな理由なんてありますか?結婚生活の中では背が高い利点なんて高い所にあるモノを取ってもらうくらいです。


40代女性には今まで生き抜いてきた確かな眼力があります。自分にとって何が必要かよく見極めれば自ずと結婚相手の条件は見えてきます。


話が面白くなくても、確かな経済力と穏やかな性格がある。ささやかな笑顔と楽しい生活ができる。外見よりも、そういったものが結婚生活には大切になってきます。


20代女性にはない確かな視点で結婚相手を選んでください。


自分の結婚市場価値を自覚すること。


男性は若い女性が好きです。未熟なものを求めるからです。40代女性には残念ながらそれがありません。


そして妊娠出産の問題は年齢と切り離せません。だからこそ子供を欲する男性は若い女性を求めます。


いつまでも20代女性と同じ価値観だと相手はみつかりません。


40代50代の男性でも素敵な男性はたくさんいます。お互い高年齢でも、子供を希望していないなら、趣味などを高め合っていく結婚生活でも良いですよね。


40代の婚活は厳しいけど、動き方次第で希望は十分ある。


40代の婚活市場価値は、20代の市場価値とは確実に異なります。それを自分で自覚して行動する事が、ゴールに近づくコツです。


相手の収入が少なくても、あなたがきちんと働くのなら、40代女性のキャリアでそれを補うことだってできます。視野と視点を変えて、謙虚な姿勢を心がければまだまだチャンスはあるのです。


若い人ばかりの合コンや街コンに行くのをやめて、自分に合った年齢層の男性がいる場所を選んで婚活してください。


>>>アラフォー女性が婚活を成功させる為に必要な7つのコツとは?